カード作りの道具と材料

カードに使用する用紙について

カード作りでよく使われる紙は、色画用紙、ケント紙、マーメイド紙、タント紙などです。 他にも色柄の入ったデザインペーパー、光る素材の紙や和紙など、いろいろな種類の紙があります。

カード作りに使用する紙は、どんな紙でもよいのですが、ある程度厚みのある紙を使用した方がカードがしっかり出来上がります。

厚さの目安は、薄くても官製はがきと同じくらい、おすすめは官製はがき2枚重ねた程度です

紙を切ったり、カッターを使うことに慣れないうちは、扱いやすさを優先して薄めの紙を選んだ方がよいかと思います。

カード作りに使用する道具について

ペーパークラフト用の道具がたくさん売られていますが、当サイトのカード作りはご家庭にある道具類で大丈夫です。

基本的な道具としては、のり、はさみ、定規、セロテープ、カッター、カッターマット、鉄筆(あるいは目打ち)です。

のりは、水分の多いものは使えません。のりの水分で紙がゆがむからです。普通ののりを使う場合にはスティックのりを使ってください。

木工用ボンドやペーパーボンド(紙用ボンド)があれば、のりよりもしっかりと固定できます。

細かいカットをするためには一般的なカッターよりも先の細い30度のカッターがないと、きれいに仕上げるのが難しくなります。

上記の他にあれば便利な道具としては、ピンセット、両面テープ、仮止め用テープ(メンディングテープやドラフティングテープ)などです。