立体飾り用テープの作り方

立体テープを使うと、切り抜いた紙がカードのオーナメントに変身します。簡単で経済的にカードを作りたい方におすすめのテクニックです。

立体オーナメント作りに3Dデコパージュやシャドウボックス用のシリコンなどを使ってもよいのですが、身近な材料で自分でも簡単に作れます。

カード用立体飾りのつくり方
箱詰めお菓子などの下にひいてある発泡シートと両面テープを用意します。

物にくるまれていたシートは、くせがついていることもあるので、まっすぐなシートを使ってください。
カード用立体飾りのつくり方2
両面テープを貼ります。
カード用立体飾りのつくり方3
テープ幅に合わせてシートをカットし、裏面にも両面テープを貼ります。
カード用立体飾りのつくり方4
発泡シートの厚さはさまざまです。いろいろなタイプを用意しておくと便利です。
カード用立体飾りのつくり方5
スペードの切り抜きです。

このままカードに貼りつけても、スペード1枚では寂しいですし、存在に気づいてもらえないかもしれません。
カード用立体飾りのつくり方6
そこで、作成した立体テープを貼りつけます。
カード用立体飾りのつくり方7
立体にすることでスペードがとっても目立つようになりますし、カードの飾りに変身します。

写真では遠近感がわかりにくいですが、平面貼りと立体貼りを実際に見比べると、全く見た目が違います。
カード用立体飾りのつくり方8
立体貼りを横からみるとこんな感じになっています。

発泡シートは押さえるとつぶれますが、離すとまた元に戻るので、つぶれてしまう心配はありません。